相談料無料(予約制)
土日祝日・夜間相談可
出張相談可(有料)

親族の財産管理 (成年後見・認知症・家族信託)

親族の財産管理

松下司法書士綜合事務所では,ご親族の財産管理についてサポートさせていただきます。
どんなに小さな疑問でも大歓迎です。ご相談は無料です、お気軽にお電話下さい。

こんなお悩みは、お任せください

  • 親が認知症等になったときの介護費用を準備しておきたい
  • 認知症の親の財産を管理している兄弟が親の預金を勝手に使い込んでいるため、財産を管理する人を新たに選任したい
  • 自分が亡くなった後は認知症の配偶者が一人で生活しなければならなくなるため、配偶者のために財産を管理する人を選任したい
  • 障害を持っている配偶者や子供のために、自分が死んだ後のことをお願いしている親族がいるが心配だ
  • 一人暮らしの老後に備えて財産を管理していきたいが、しっかりと管理できるか不安だ
  • 高齢の自分に代わり、同居する息子に財産の管理を任せたい

料金一覧

 下記に記載されている金額は、当事務所の報酬です。各手続には、さらに実費(登録免許税、印紙税、郵送料など)がかかります。
家族信託のサポート 100,000円(税抜)~
任意後見契約公正証書作成のサポート 100,000円(税抜)~
成年後見人選任の申立 100,000円(税抜)~


家族信託のサポート


「家族信託」とは、「本人が、財産管理に関する一定の目的を設定し、その目的を達成するために、信頼できる人に自己の財産を託す。
そして、託された者は、本人が定めた財産管理に関する一定の目的を達成するために事務処理を行う。」という制度です。
例えば、以下のようなものです。簡単な事例でご紹介致します。

事例
家族構成
夫A(札幌市在住)
妻B(札幌市在住)
長男C(旭川市在住)

夫Aの悩み
・妻Bは、認知症を患っており、一人では財産を管理することできないため、自分が死んだ後の妻の生活が心配だ。
・長男Cは、旭川市に住んでいるため、札幌市に移り住むことはできない。
・妻Bには、妹X(札幌市在住)がいる。
・妻Bが、介護施設に入ることに備えて、その介護費用や日常生活における費用(預貯金)を確保したとしても、妻B一人 では、不安である。
(騙されたりするかもしれない。)

考えられるプラン
・夫Aが生きている間は、自ら妻Bの生活を支援する。
・夫Aの死亡後は、妻Bの妹Xに、妻Bの介護費用や日常生活における費用(預貯金など)を預けておき、妹Xは、必要に応じて、支出する。
・長男Cは、妻Bの妹Xに対する、監督者となる。
・妻Bの死亡後は、妹Xと長男Cが、預貯金を取得する。

上記【事例】は、あくまでも事例です。
つまり、家族信託という制度は、お客様のご希望に応じて、柔軟に設計することが できます。

このようなプランを公正証書をもって作成致します。
1通 100,000円(税抜)~  



認知症など判断能力の衰えたご親族の財産管理のサポート

 下記に記載されている金額は、当事務所の報酬です。各手続には、さらに実費(印紙税、郵送料など)がかかります。
認知症など判断能力が衰える前に行う財産管理の準備
任意後見契約公正証書作成のサポート         
ご親族が認知症など判断能力が衰えたことを条件として、他 のご親族が任意後見人として財産管理をしていく契約を公正証 書をもって作成致します。
1通 100,000円(税抜)~

認知症など判断能力が衰えた後に行う財産管理の準備
成年後見人選任申立書の作成
ご親族が認知症など判断能力が衰えた後に、家庭裁判所に対する申立により、財産管理人である成年後見人を選任することができます。
1通 100,000円(税抜)~


〒060-0061
札幌市中央区南1条西10丁目4番地南1条法務・税務センター1階